dfbf

ニュース

光ファイバーの波長帯

光ファイバー通信は、通信するための情報媒体として光を使用します。ファイバーコアを介して伝送できます。ただし、すべての光線が通信に適しているわけではありません。伝送損失は、光の波長帯によって異なります。より少ない損失と効率を達成するために、科学者は常に最適な光を探しています。

  • 850nm波長帯

1980 年代初頭、科学者たちは光ファイバー通信の技術を実用的な方法で探求し始めました。彼らが主に研究していたのは、マルチモードファイバーでした。より大きなファイバー コアを使用すると、マルチモード ファイバーは、マルチモード ライトの 1 つのファイバー伝送を実現できます。最初に適用されたのは波長850nmの光でした。

  • O 波長帯

1990 年代の初めに、シングルモード ファイバが広く使用され始めました。

ニュース  

図1

科学者は、1260nm~1360nm の波長帯の光が、分散による信号の歪みと伝送損失を最小限に抑えることができることをテストを通じて発見しました。したがって、彼らはこれらの波長帯の光を O バンドと呼び、「O」は「オリジナル」を表します。試行錯誤の結果、科学者は、1260nm~1625nm の光が損失が最も少なく、ファイバー伝送に最適な光であることを発見しました。

1260nm~1625nmの波長帯の光は、5つのO波帯、E波帯、S波帯、C波帯、L波帯に分けられます。

ニュース2

図 2

科学者は、伝送損失と波長の関係も発見しました。以下のように示しています。

ニュース3

図 3

 

最も一般的に使用されるバンドは、「従来の」の略である C 波長帯 (1530nm~1565nm) です。Cバンドは、MAN、長距離、超長距離、海底光ケーブルシステム、WDMシステムに広く適用されている最小の伝送損失を実現できます。

  • L波長帯(1565nm~1625nm)

Lは「長波長」の略です。L 波帯は、伝送損失が 2 番目に少なく、産業用の主要な選択肢の 1 つでもあります。C 波帯が帯域幅のニーズを満たすことができない場合、人々は通常、L 波帯を補完的なものとして使用します。

  • S波帯(1460nm~1530nm)

Sは「短波長」の略です。ファイバー損失に関しては、O 波長帯よりも高くなります。通常、PONの下り波長に適用されます。

  • E 波長帯

これは、5 種類の波長帯の中で最も一般的でない波長帯です。E は「extended」の略です。図 3 からわかるように、E の波長帯にバルジが見られます。これは、OH- に吸収されて、ウォーター ピークとも呼ばれる大きな伝送損失が発生したためです。

昔は技術が限られていたため、光ファイバーグラスに水が混入し、E波帯の伝送損失が大きくなり、正常に動作しませんでした。その後、人々はガラス製造で脱水技術を開発し、それ以来、E 波帯の伝送損失は O 波帯よりもさらに低くなりました。しかし、それ以前に設定された光ファイバーケーブルのE波帯で伝送損失が発生したことから、光ファイバー通信に適用されるE波帯にはまだ限界があることが説明されました。

  • U Waveband(超長波長帯、1625-1675 nm)

言及されたこれらの波長帯を除いて、U 波長帯も広く使用されており、主にネットワーク監視に使用されています。

ニュース4

 

 

異なる波長の当社製品の詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください:

https://www.erbiumtechnology.com/eye-safer-laser/

https://www.erbiumtechnology.com/1570nm-opo-laser/

https://www.erbiumtechnology.com/1064nm-yag-laser/

Eメール:devin@erbiumtechnology.com

WhatsApp: +86-18113047438

ファックス: +86-2887897578

追加: No.23、Chaoyang 道路、Xihe 通り、Longquanyi 地区、成都、610107、中国。

 


更新時間: 2022 年 6 月 23 日